Pagetop
丸仁ホールディングス

EMPLOYEE
INTRODUCTION社員紹介

自分の考えを行動に移す
チャンスに溢れた会社丸仁不動産 2014年入社

 「何かあっても何とかする」そんな気持ちで転職活動を行っていました。この会社に入社したのは、自分で課題・目標設定をする事に重点を置く企業姿勢に共感したからです。
 現在は育児休暇明けのため時短制度を利用し、基本外出のない、自社ビルの運営管理と社内の業務管理や運営スキル向上に向けた仕事を担当しています。

入社前のエピソード

始まりは幼いころの習慣。
ライフスタイルを想像するのが好きだった

 小さい頃から駅名や地名を調べたり、その地域に住む人達のライフスタイルを想像する事が好きでした。
街と人々の暮らしに関心があったのだと思います。その延長線上といいますか、自然と不動産業に魅かれました。
 もともと関心があった業界とはいえ、転職はこれまでいた世界から離れ、未知の世界に飛び込むということです。
ですが仕事については「何かあっても何とかする」という気持ちでいたので、転職活動を行うにあたっても特に不安はありませんでした。
 丸仁ホールディングスには、面接時、入社後に何をしたいのか深堀りして聞かれ、自分で課題・目標設定をする事に重点を置いている企業という印象を受けました。
採用が決まった時は嬉しかったです。心機一転頑張ろうと思いました。

入社してから感じたこと

評価制度によりうまれるチャレンジ精神

 入社した当初は、自社保有のマンションや事務所・店舗のPM や物流施設のBM を担当していました。現在は育児休暇明けで時短制度を利用している為、基本的に外出のない業務に携わっています。具体的には、自社ビル(オアーゼ芝浦)の運営管理と社内の業務管理・運営スキル向上に向けた仕事です。後者は物件毎の縦割分担による業務の漏れや連携不足解消に向けて物件を全体的に横割の目線で見て抜け漏れや属人的な業務を仕組み化していく作業ですね。
 会社に対する入社後の印象としては、面接時に受けた印象と変わらず、自分で課題・目標設定をする事に重点を置いているな、と感じています。
 評価制度は、そんな組織風土を感じるシステムの1 つです。年初に自分で目標を立てて、期末に成果とそれに関するエビデンスを提出する制度です。この制度があることで、日々の業務を漫然とこなしていくだけでなく、既存のものを改良したり新しい取組への挑戦を試みながら働けますし、職場の環境自体がチャレンジしやすい風潮になっていると感じます。

頼れる仲間たち

困った時には頼れる同僚や上司がいる

 これまでの仕事で印象に残っているのは、店舗不動産からの値下げ依頼への対応ですね。テナント様は賃料を下げてほしいが此方としては据置で借りていただきたい、という状況で、回答次第では退去になってしまいます。その場合の損失額は大きくなるのでプレッシャーを感じました。
 その時の私の業務範囲は、値下げ依頼に対する方針決定と、方針への社内承認を得る為の根拠集め、資料作り、テナント様対応でした。基本的には任せていただいた上で、それでも力が及ばない部分に関しては上司にフォローを入れていただき、とても心強かったです。
 日頃から自分で考え、解決策を模索するようにしていますが、一方で、困った時には同僚や上司に相談することも意識しています。行き詰まってしまった時でも、自分とは異なる視点からアドバイスをいただくことで新しい気づきを得られたり、突破口が見えてきたりします。困った時に周囲に頼ることができる環境は嬉しいですね。

これからの会社や自分の姿

いかに地域貢献できるか、
考察と実践を継続していきたい

 既成概念に囚われない柔軟な発想を心がけ、時代の変化や住宅を取り巻く環境をよく理解し、他業界の課題や社会問題について関心を持つことを忘れずに、不動産業界から新しい価値を生み出していきたいと考えています。
 一方で、既に行っている業務に関しても多角的に考える姿勢を大切にし、現場の声はもちろんのこと、管理形態の変更や用途変更、資産の入替の必要性についても検討しながら、今後どのようなノウハウを社内に構築していくのが会社にとって良いのか、常に考え改良していきたいです。
 地域への取り組みも重要だと考えています。帰宅困難者の受入や災害用マンホールトイレ、緊急避難テラスの設置等、現在は主にハード面において地域の防災力向上へ寄与していると思いますが、ハード面とソフト面のバランスが大切だと思うので、ソフト面ではどのように地域貢献出来るか、考察と実践を継続していきたいと思います。

一日の流れについて

転職をお考えの皆様へ

 転職活動は自分がどのようなスキルを磨いていきたいのか、どんな人生を歩んでいきたいのかを見直すのに良い機会だと思います。ご自身の今後の方針を決めた後は、今度は自分の考えを行動に移す為の環境が必要となります。丸仁ホールディングスは、そういった意味でチャンスに恵まれた環境があると私は感じました。皆様がご納得される転職ができるよう応援しています。

福利厚生